電車の人身事故

朝の通勤通学の時に電車が遅延してしまうことはよくあることです。
その遅延の原因は、車両や路線の不備の場合もありますが、人身事故である場合がとても多いです。
電車の人身事故とは、どのような事故なのでしょうか? 電車の人身事故は、線路内に人が立ち入るために起こってしまう場合が多く、その多くは自殺志願者のようです。
線路を走る電車にはねられたら、まず、命は無く、ひどい場合は車輪によって体がバラバラに切れてしまうこともあるそうです。
このような人身事故が起こってしまったら、遺体をどけて、線路内をきれいに片づけなければならず、それまで電車は走れません。
そのために遅延が起こってしまうわけです。


あと、電車の人身事故には、電車の故障などで電車が線路から脱輪して起こることも稀にあります。
過去に何度か電車が横転してしまう事故が起こって、数人の方が亡くなったことがあります。
この場合は、整備不良が原因だったり、電車の運転手が原因だったりしますが、鉄道会社の方に責任があるということで、大きな問題に発展しました。


このように、電車の人身事故は起こっています。
自分には関係ないと思っている人も、いつかは巻き込まれることがあるかもしれません。
人身事故が起こって、電車が長時間止まってしまったら、鉄道会社では代わりにバスなどを手配してくれます。
もし、その人身事故でケガをしてしまったら、治療費などは請求できるようです。
当サイトでは、電車の人身事故の損害賠償や、電車や線路などの安全性について説明します。
むごい事故が今後起きないように願うばかりです。


○外部推奨リンク
自動車で交通事故を起こしてしまい損害賠償などを請求された場合に役立つ弁護士事務所のサイトです ⇒ 交通事故